美容鍼の効果について

2021年01月25日 18:47
カテゴリ:治療、症例、施術


美容鍼について
当院でも【美容鍼】のコースがございますが、今回は美容鍼がどのような効果をもたらすのかを詳しく説明していきたいと思います。

美容鍼とは、お顔へ鍼(はり)を行うことで、お顔の筋肉の血行を良くして肌を美しく整えていく施術のことを言います。

美容鍼は直接的にお顔の気になる部分の皮膚・筋肉に施術することにより、しわ(ほうれい線、ひたい、目の周囲など)、リフトアップ、吹き出物、たるみ、むくみ、くまなどに高い効果をあげることができます。


鍼を刺すことで真皮層に微小な傷ができ、それによって起こる修復再生する過程で真皮層細胞の『コラーゲン』や『エラスチン』の生成が促され、肌組織を改善していきます。
施術に使用する鍼は髪の毛程度の細い鍼を使用しますので、個人差はありますが痛みを感じない方がほとんどです。
薬やメス、化粧品とは違って副作用もないのが美容鍼の長所です。


肌の新陳代謝と呼ばれる「ターンオーバー」をご存知ですか?

ターンオーバーとは
肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりのことで、表皮は基底層、有棘層、顆粒層、角質層と四層構造になっています。
基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面へ押し上げられていき、無核となり死んだ状態で角質細胞となりますが、この細胞は新しい細胞が押し上げるられるように表面へと上がっていき、最後は垢となって自然に剥がれ落ちる構造になっています。

このサイクルがターンオーバーです。

ターンオーバーの周期は個人差がありますが約28日〜56日程度と言われており、その周期が遅すぎても早すぎても良くないと言われています。
遅くなる原因としては加齢や日常生活習慣が影響してくるとされており、また早くなる原因として顔の洗いすぎや角質ケアをしすぎると早くなってしまうとされています。
乱れてしまった周期も美容鍼を複数回継続して行うことで、お顔の筋肉の変化や血流が促進され「ターンオーバー」を正常に近づける効果があると言われています。

【美容鍼の効果=コラーゲンやエラスチンなど真皮成分の産生+ターンオーバーの活性化】
という効果を副作用なくあげられるのが美容鍼の特徴です。

美容に関する部分だけでなく、お顔や頭に鍼をすることで【眼精疲労】や【頭痛】など他の症状にも効果が期待できます。

お顔の悩みがある方、こんな症状があるけど美容鍼で効果はあるのか。
ご相談のみでも構いません。お気軽にご相談ください。


記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)